everyMANblog

Fashion,Music,Bike,Movie,Interior,.....

*

読んで後悔しない、本当に面白いおすすめ漫画

2016/07/22

medium_244111526

皆さん、漫画はお好きですか?

自分は大好きです。

ネットで面白いマンガで検索すると、たくさん引っかかりますよね。

この記事では自分が読んで面白く、かつあまりおすすめにあがらないマンガを紹介したいなと。

まぁ個人的趣味の偏りと男が好きなマンガって感じなので、そこはご容赦下さい。

photo credit: ollily via photopin cc

 

おすすめしたい漫画たち

ここでは連載中のものは外して、完結した漫画のみをおすすめしていきたいと思います。
順番は特に関係なく、自分が読んでおすすめしたい漫画たちです。

 

capeta

月刊少年マガジン 03年3月号~13年4月号 全32巻

あらすじ

幼い頃に母親を亡くし、父親と2人で暮らす小学四年生の主人公、平勝平太(カペタ)。
ある日、車好きなカペタに父親が仕事先で捨てられていた材料を持ち帰り、カペタに内緒でレーシングカートを作ってあげることに。これがきっかけでカペタはモータースポーツの世界にのめり込んでいく…。

モータースポーツの世界を描いた漫画では最高峰ではないかと思います。(他は頭文字Dくらいしか知りませんが)
小学生時代から物語は始まり、カートからフォーミュラーステラ、F3とステップアップし、F1を目指していく天才主人公の成長を熱く描いています。

もう序盤から目が話せない展開でテンションMAX!
貧乏でレース資金を調達できないながら、知恵と工夫(あと才能)で恵まれた環境の対戦相手を打ち負かしていく主人公と、それをサポートする友人、家族。

この漫画を読むと、F1とかにでてる日本人レーサーの見る目が変わっちゃいますね。
曽田正人氏の漫画ではめ組の大吾(1) (少年サンデーコミックス)昴(1) (ビッグコミックス)もおすすめ。

 

バンビーノ!

ビッグコミックスピリッツ 05年2号~09年13号 全15巻

あらすじ

地元福岡のイタリア料理の店でバイトしている主人公、伴 省吾。
料理自慢の伴は、とあるきっかけで東京・六本木の人気イタリアンレストランで働くことに。
料理の腕には自信があったものの、そこは戦場のような厨房。

井の中の蛙だった伴は、自分の未熟さに打ちのめされながらも努力と根性で料理人として必死に成長していく…。

料理漫画はたくさんあると思いますが、仕事としての料理漫画では1番じゃないかと。
厨房の皿洗いに回され、料理人でありながらホールスタッフに回されるなどしながらも成長していく主人公に感情移入しちゃいます。

特にホールスタッフを経験し、本当の接客というものを学んでいく過程は共感しちゃいますね。
同じ接客業を生業とするものとして、読んでいると身につまされます。

他人と働くというのは本当に大変だなと…。

こちらが第一部で、第2部『バンビーノ!SECONDO』があるので、第一部が面白かった方にはおすすめ。

 

やったろうじゃん!!

ビッグコミックスピリッツ 91年~96年 全19巻

あらすじ

創部3年目で地区大会ベスト8まで進出した朝霧学園高校硬式野球部。
のびのびと楽しく野球をやっていた彼らのもとに、謎の新監督として喜多条が就任することに。
甲子園優勝経験のある監督のもと、厳しい練習に耐え、甲子園を目指していくが…。

野球漫画といえば「タッチ」や「H2」、「MAJOR」が有名どころですが、あえてマイナーだと思われるこちらをおすすめ致します!

序盤は新任監督が選手たちから反発を受けながらも、チームとしてまとまっていく過程が面白く、中盤からは天才ピッチャー・江崎が加入し、より熱い展開へ。

野球を軸に、人間関係にスポットをあてたストーリーでグイグイ読めちゃいます。
高校野球という舞台がしっかりと描かれていて、そこが他の野球漫画とは違うかな。

終盤がなかなかの鬱展開なので、そこで好き嫌いが別れるかもしれないですね。
ただ、ストーリーはしっかり作られているので野球好きで読んだことのない方はぜひ!

 

天 - 天和通りの快男児

近代麻雀ゴールド 1989年~2002年  全18巻

あらすじ

大学受験のため、雀荘で荒稼ぎしていた受験生、ひろゆきは麻雀勝負の請負人、天とサシ馬勝負を行い、南4局に天のイカサマ天和九連宝燈により敗れる。それが縁で付き合いが始まる。

そしてそこからひろゆきは麻雀の裏世界へと足を踏み入れて行くが…。

「アカギ」と並び、個人的に麻雀漫画の金字塔。
序盤は絵も定まらず、1巻はおふざけがはいってますが、徐々に面白くなります!
1〜3巻が導入部で、以降東西戦に突入してからが本番です。

麻雀をかじったことがある人なら、そのロジカルな展開に魅了されること間違いなしだと思います。

そしてなんといってもこの作品、アカギというキャラクターの魅力に引き込まれます。
主人公は天なのですが、その強烈な個性ゆえ、別作品の主人公になってしまったアカギ。
東西戦後は麻雀をやる描写がなく、アカギの人生観や死生観が語られるのですが、ここが1番面白かったりします。

これを読まずして、麻雀と人生は語れません。

福本漫画では銀と金 1 (highstone comic)や、無頼伝 涯 1 (highstone comic)も面白いです。

 

モンキーターン

週刊少年サンデー 96年~05年 全30巻

あらすじ

子供の頃から野球に明け暮れてきた少年・波多野憲二は、自らの小柄な体格のために高校生活最後の夏の甲子園予選で敗退。

その後、競艇ファンの担任と競艇選手のOGに連れられてやってきた競艇場で体験したモーターボートの感触とモンキーターンに魅了され、野球をやめて競艇選手になることを決意する。

面白いです。恐らく他にないと思われる競艇を舞台にした漫画。

少年誌らしく、ライバルたちと切磋琢磨し成長していく主人公。

そして見逃せない、幼馴染の女の子と、ライバルである女子競艇選手を天秤にかける恋模様!

競艇選手になるまでの過程から、プロとしてやっていくための細かい理論やテクニック等、しっかり取材して漫画に上手く落とし込めてるなと思います。

これを読んで実際に競艇選手になった人もいるとか。

柔道に興味のある方は 帯をギュッとね!(1) (少年サンデーコミックス)も面白いのでおすすめ。

 

Heat -灼熱-

ビッグコミックスペリオール 全17巻

あらすじ

新宿歌舞伎町に突然現れた男、唐沢辰巳。わずか2日でホストクラブを乗っ取り、警察や暴力団、そして外国マフィアをも相手に立ち向かう唐沢は、次第に周りの人々を惹きつけて行く。

男であれば迷わず読んでいただきたい作品。

日本の裏社会を舞台に、これでもかという程「男」を描いた、まぁざっくりいうとヤクザ任侠もの漫画。
しかし、これが熱い!

暴力や権力に屈さず、己を貫き、弱きを助け強きを挫く、男なら誰しもあんな風に生きてみたいと思ってしまう、爽快感ある漫画です。

これを読んで歌舞伎町に向かいましょう。

 

しっぷうどとう

ビッグコミックスピリッツ 96年5・6合併号~98年34号

あらすじ

高校受験に失敗した、劣等感の塊である佐倉神城高等学校新1年生の長門烈。彼が剣道部2年の阿南俊に出会ったきっかけで始めた剣道にのめり込んでいき、その才能を開花していく。

これまた珍しい、高校の剣道部を描いた漫画。
剣道漫画といえば、あとは「六三四の剣」くらいしか知りません。

はじめは気弱な主人公が、剣道を通して成長していく過程が面白く、かなり楽しんで読めます。
マイナーな剣道を扱った漫画ですが、緊迫感のある試合シーンや、まわりの個性あるキャラクターも秀逸。

絵も綺麗でストーリーもまとまっていて、おすすめできる漫画です。

 

ホーリーランド

ヤングアニマル 00年20号~08年11号 全18巻

あらすじ

高校生の神代ユウは、家にも学校にも居場所を見つけられず夜の街にいた。華奢な外見であり、ひ弱ないじめられっ子であったユウだが、ある時、ボクシングのワン・ツーを覚え、人知れず自室で訓練を繰り返す。そして何ヶ月か経った頃、夜の街で自分に絡んできた不良達をワン・ツーで倒していったユウは、次第にヤンキー狩りと呼ばれ恐れられる程になっていた…。

ストリートファイト漫画ですね。ただの喧嘩漫画ではなく、実際の格闘技の知識、理論に基づいた作品。

ボクシングやレスリング、キックに空手と異種格闘技漫画としても読める面白い漫画です。

気の弱い主人公が自分の拳一つで「自分の居場所」を求め、街をさまよい答えを求める姿はすごく不器用ながら、共感させられる部分もあります。

 

ピンポン

ビッグコミックスピリッツ 96年~97年 全5巻

あらすじ

ペコとスマイルの、片瀬高校卓球部に所属する幼馴染の2人が主人公。ペコは卓球が強いが自分の才能に自惚れているところがあり、先輩に対しても挑発的。スマイルは、決して笑わないことからペコが「スマイル」と命名した。内気で無口だが卓球は強い。

2人は中国人留学生を迎えたと噂になっている辻堂学園高校卓球部の偵察に出かけ、留学生のチャイナと対面する。チャイナと試合をしたペコは1点も獲れずに敗北。

そのころ片瀬高に、髪も眉毛も剃りあげたスキンヘッドの高校生がスマイルを偵察するため参上する。ドラゴンと呼ばれる海王学園高校卓球部の風間竜一である。片瀬高卓球部顧問の小泉丈(バタフライジョー)にドラゴンは、絶対にインターハイで優勝すると宣言する。

そしてインターハイが開幕した。

松本大洋の名作、卓球をテーマにした青春群像劇。深夜にアニメもやってましたね。
はっきりいって、めちゃくちゃ面白い!

特に秀逸なのが、各登場人物の心理描写。その葛藤や心の動きに胸打たれること間違いなし!
巻数的にも一気に読めて読了後、心暖まりつつ終わってしまうことに寂しくなります。

個人的には凡人ゆえに、アクマにすごく感情移入しちゃいました。

 

ヒカルの碁

週刊少年ジャンプ 99年2・3号~03年33号 全23巻

あらすじ

主人公・進藤ヒカルは、ごく普通の小学校6年生。小遣いをカットされたために祖父の家を物色していた際、蔵にあった古い碁盤に血痕を見つけたヒカルは、その碁盤に宿っていた平安時代の天才棋士・藤原佐為(ふじわらのさい)の霊に取り憑かれる。

囲碁のルールも、佐為がかつて憑いていた碁聖・本因坊秀策の強さも知らないヒカルは、「神の一手を極める」という彼の壮大な目標に付き合わされ、彼にせがまれるままに碁を打つことになる。

囲碁のルールをまったく知らない自分でもすごく楽しんで読めました。

主人公もはじめは囲碁を知らないため、わからない方が感情移入できるかもしれないですね。

扱ってるテーマは囲碁なのですがジャンプ漫画の王道、友情、努力、勝利からは外れません。

主人公の成長していく姿、碁の道を歩んでいくことの厳しさや主人公を取り巻く友情など、上手く描かれた秀逸なストーリー展開で最後まで楽しく読めます。

 

ファンタジスタ

週刊少年サンデー 99年~04年 全25巻

あらすじ

九州の孤島で1人サッカーの練習をしていた少年、坂本轍平は高校サッカー部の監督をしている姉の琴音を頼って上京し、水本高校へ転校してくる。間もなく合流して試合に出場したてっぺいは幼馴染みの森川竜司が率いる帝東高校との試合でトリッキーなプレイを魅せ、視察に来ていたACミランのスカウトを虜にしてしまう。てっぺいはライバルたちとめぐり合う中、ファンタジスタとして成長して世界に羽ばたいていく。

サッカー漫画といえば「キャプテン翼」、「俺たちのフィールド」、「シュート!」と名作揃いですが、個人的なおすすめはこちら!

少年サッカー漫画にありがちな必殺技はでてきません!そこがリアリティあっていいんですよね。

ミランに日本人選手が加入するのも当時は夢物語でしたが、今や本田圭佑が達成しちゃいましたね。

個人技のみの主人公が仲間とともに近代サッカーの戦術やフォーメーションを学んでいき、それに伴い読み手もサッカーを深く理解していけるという、読み応えのあるサッカー漫画です。

続編のファンタジスタ ステラ(1) (少年サンデーコミックス)が連載中。

 

じゃじゃ馬グルーミン★UP!

週刊少年サンデー 94年44号~00年42号 全26巻

あらすじ

東京都内の有名進学校に通う久世駿平は、春休みに北海道旅行へとバイクで出かけ、ひょんなことから競馬馬生産の渡会(わたらい)牧場と関わることになる。そこで馬とふれあう中でその魅力に惹かれ、日本一の競走馬の育成を目標とするようになる。親との葛藤、恋愛、結婚といった人生の様々な出来事を体験し、思春期の少年は一人の大人へと育っていく。

競馬をテーマにした作品なのですが、馬主や騎手ではなく、競走馬を生産する牧場の視点から描かれている稀有な漫画です。
ダービースタリオンにはまっていた人なら、かなり感情移入して読めると思います。

競走馬が生産される過程の細かな描写も魅力的なんですが、登場人物たちの心理描写が巧みで物語に引き込まれます。

牧場が舞台なだけに、ほのぼのとした空気感も読んでて気持ちいいです。

家族愛、人の暖かさを感じれる良作。

読んだことのない方は機動警察パトレイバー(1) (少年サンデーコミックス)も名作ですので是非。

 

BECK

月刊少年マガジン 99年~08年 全34巻

あらすじ

主人公は趣味も特技もとくにない中学生、田中幸雄(通称・コユキ)
ある日偶然、道で出会ったヘンな犬を助けたことにより犬の飼い主である南 竜介と出会う。
沖縄出身のアイドル「国吉ちえみ」を最高の音楽と信じて疑わなかったコユキが、全米のカリスマバンド「ダイイング・ブリード」との衝撃的な出会いによって生活の中の何かが変わっていく…。

唯一無二の音楽漫画。
音楽(Rock)が好きで、バンドを組んだりしたことがある人ならドハマリすること間違いなし。

ちょこちょこ出てくる実在のCDジャケットにニヤリとできます。

楽器や機材のディテールも細かく描かれていて、実際にフェンダーテレキャスターのコユキモデルも発売されました。

漫画というメディアは音がない、 そこを逆手にとった表現方法はすごいと思います。

 

まとめ

完結物で若干マイナー?どころだとこのくらいでしょうか。

また思いだしたら随時更新したいとおもいます。

-
-

おすすめ記事一覧

1
UNDER COVER (アンダーカバー)2015 A/W 袖レザーダウンブルゾン

UNDER COVER 珠玉の名作アウター! UNDER COVER LEATH ...

2
NIKE SOCK DART(ナイキ ソックダート)が最高に履きやすい件

2016 NIKE SOCK DART(ナイキ ソックダート)をGET! 軽くて ...

3
NIKE AIR RIFT (ナイキ エア リフト)復刻!サイズ感など購入レポート

奇抜で個性的なデザインのスニーカーが復刻! サイズ感等購入レポート オリジナルは ...

4
Radiohead(レディオヘッド)のベストソング20曲 前篇

Radiohead(レディオヘッド)のおすすめ曲20選! 前篇 オリジナルアルバ ...

5
Radiohead(レディオヘッド)のベストソング20曲 後篇

Radiohead(レディオヘッド)のおすすめ曲20選! 後篇 オリジナルアルバ ...