everyMANblog

Fashion,Music,Bike,Movie,Interior,.....

*

HEDI SLIMANE (エディ・スリマン) が愛したロックミュージシャンたち

2016/07/22

HEDI SLIMANE (エディ・スリマン)とは?

Ferdaus Shamim

エディ・スリマンHedi Slimane, 1968年7月5日 - )は、フランス・パリ出身のファッションデザイナー。チュニジア系の父とイタリア系の母との間に生まれる。「少年性」と「ロック」をテーマにした繊細な作品群は熱狂的なファンを多く持つ。また、最近では、フォトグラファーとして、雑誌、ビッグメゾンの広告などの仕事もこなしている。「VOGUE HOMMES JAPAN」創刊号にて、「デヴィッド・ボウイ、ポール・ウェラー、ザ・クラッシュのポール・シムノンからかなり影響を受けた」と語っている。いずれもイギリスのロック・ミュージシャンである。また、ザ・リバティーンズのピート・ドハーティに熱狂し、自身が撮影した写真集まで出している。

スキニーな自分の体に合う服がないからと、16歳から独学で服を作り始めたエディ。

90年からファッション職に就き、96年にはイヴ・サンローランのパートナーであるピエール・ベルジェにより、メンズウェアのディレクターに抜擢。

しかし、グッチによるイヴ・サンローラン買収劇が起こり、エディは2000年、メゾンを去ることになる。

そしてその後、クリスチャン・ディオールのメンズウェア・クリエイティブディレクターに就任。
01/02 AWにはメンズラインである『Dior HOMME』を発表。

スキニーシルエットのブラックスーツ、細身のブラックタイを締めたスタイルは男性のみならず、女性からも高い支持を受けた。

以降、07年に退任するまで、エディ・スリマンによる『Dior HOMME』のコレクションは社会現象を起こすほどの伝説として記憶されている。

hedi-slimane-likes-being-high-fashion_GB

画像出典:ELLEUK.COM

 

自分も当時コレクションの度に、ファッションスタイルやショーに使われる音楽に多大な影響を受けていました。

HEDI-thumb-320x427-1994

エディ・スリマンといえば、外せないキーワードが『スキニーパンツ』ですね。
自分はこの影響が大きく、未だに購入するパンツはスキニーパンツ一辺倒になってます。

 

ロックとファッション

有名無名を問わず、様々なロックバンドやミュージシャンを発掘してきたエディ・スリマン。

コレクションやポートレートの被写体に起用するなど、音楽との関わりが深い。そんな彼の動向はファッションだけでなく、音楽シーンにも影響を及ぼしている。親交の深いミュージシャンも多数。

サンローランの再生に着手した現在、エディはミュージシャンを起用したキャンペーン、『サンローラン ミュージックプロジェクト』を発足。撮影はすべて彼自身が担当している。

ここではサンローランの”顔”となったミュージシャンたちをご紹介。

 

DAFT PUNK (ダフト・パンク)

スクリーンショット(2014-08-20 23.35.36)

Photo by SAINT LAURENT PARIS

 

2014年度グラミー賞で主要2部門を受賞した、フランスのエレクトロデュオ。

エディ・スリマンとはDior HOMME時代から関係が深い。

アルバム『Random Access Memories』からのミュージックビデオ『Get Lucky』では、サンローランを着用して出演。

 

DAFT PUNK - Get Lucky

 

 

BECK (ベック)

beck_saintlaurent_01

Photo by FASHION PRESS

 

1993年にデビューして以来、ロックやヒップホップ、フォーク、R&Bなどあらゆるジャンルをミックスした音楽性の高さで高い評価を集めるLA出身のソロアーティスト。

ライブでは全身サンローラン姿でステージに立つことも。

 

BECK - Heart Is A Drum

 

 

Curtis Harding (カーティス・ハーディング)

スクリーンショット(2014-08-24 0.53.53)

Photo by SAINT LAURENT PARIS

 

2014年デビューアルバムをリリースしたアメリカ人シンガーソングライター。

サンローランのレザージャケットを着用しているミュージックビデオはエディが撮影。アルバムのジャケットもエディの手によるもの。

 

Curtis Harding - Next Time

 

 

Jake Bugg (ジェイク・バグ)

jake1028332-private

Photo by hedislimane.com

 
ノエル・ギャラガーとストーン・ローゼズのオープニング・アクトに抜擢されたことで注目を集め、2012年にリリースしたデビューアルバムがUKアルバムチャートで初登場1位に輝いた、英国シンガーソングライター。

セカンドアルバム『シャングリ・ラ』のアルバムジャケットやミュージックビデオでもサンローランを着用。

 

Jake Bugg - Messed Up Kids

 

 

Pete Doherty (ピート・ドハーティ)

LONDON8

Photo by hedislimane.com

 

1979年生まれの英国人。元『The Libertines』のメンバーで現在は『Babyshambles』のボーカリスト、ソングライター。

スーパーモデルのケイト・モスとの交際や、薬物問題などによって、タブロイド紙やニュース・メディアを賑わせた。

当時エディはステージ衣装を担当し、ピートの生活を撮影した写真集、『London Birth of a Cult』を発刊。

 

The Libertines - Can't Stand Me Now

 

Babyshambles - Delivery

 

また、『The Libertines』は解散後、2010年の「レディング・アンド・リーズ・フェスティバル」で一夜限りの再結成ライブを敢行。

The Libertines - Live At Reading Festival 2010

そして2014年、またしても『The Libertines』は英ロンドンのハイドパークで再結成を果たす。

「NME」誌によるインタビューで、カール・バラーがニュー・アルバムのリリースを考えていると発言。ピート・ドハーティも新作の可能性について触れ、バンドがドイツで曲作りを行う予定だと明かした。

 

 

Franz Ferdinand (フランツ・フェルディナンド)

648V2125

Photo by hedislimane.com

 

スコットランド、グラスゴー出身のロックバンド。

エディとは友人関係にあり、ステージでエディの服を着用、写真の被写体にもなった。

その音楽性は踊れる『ダンスロック』ともいえるバンド・サウンドを実現した。


Franz Ferdinand - Fresh Strawberries

 

 

Phoenix (フェニックス)

phoenix-band-011

フランスの4人組ギターポップバンド。
『Dior HOMME』のショーのために楽曲を作り、セカンドアルバム『ALPHABETICAL』ではエディがアルバムジャケットをデザイン。

 

2009年にリリースされた4枚目のスタジオアルバム『Wolfgang Amadeus Phoenix』では2010年の『最優秀オルタナティブ・ミュージックアルバム賞』を受賞。

 

Phoenix - Rally

 

 

These New Puritans (ジーズ・ニュー・ピューリタンズ)

CF004131

Photo by hedislimane.com

 

アートロックとも呼ばれる音楽性の2006年結成英国バンド。

デビュー前の07-08A/Wの『Dior HOMME』のショーの音楽を依頼、メンバーをコレクションのモデルに起用した。

現在までリリースされた3枚のアルバムは、どれも高い評価を得ている。



 

These New Puritans - Elvis

 

 

Arctic Monkeys (アークティック・モンキーズ)

ARTICMONKEYS

Photo by hedislimane.com

 

2006年リリースのファーストアルバムが全英初登場1位に輝く。

これまでに5枚のアルバムをリリースし、すべてのアルバムが1位となっている。

ヴォーカルのアレックス・ターナーは髪をリーゼントにし、全身サンローランの服で固めステージに立つ。

 

Arctic Monkeys - Arabella

 

 

Coastal Cities (コースタル・シティーズ)

CoastalCities_0846_WebBW-935x623

Photo by Cecilie Harris.co.uk

 

イギリス出身のインディロックバンド。
メンバーのデクラン・カレンとショーン・セメンズが13-14A/Wコレクションのモデルに起用された。
普段からスキニースタイルを好んでいる彼ら、サンローランのロックスタイルも難なく着こなす。

グルーブ感あふれるサーフポップなバンドサウンドのコースタル・シティーズはすでにミニアルバムを4作リリースしている。

 

Coastal Cities - Summer Reign

 

 

Howler (ハウラー)

howler

Photo by The Mancunion

 

アメリカ出身のギターロックバンド。イギリスの音楽誌『NME』のベストバンドにも選出された。
ノイジーなガレージサウンドだがポップなメロディが持ち味。

フロントマンのジョーダン・ゲイトスミスが14S/Sのランウェイにも登場し、注目を集めた。

 

Howler - Indictment

 

 

EGYPTIAN HIP HOP (エジプシャン・ヒップ・ホップ)

Egyptian-Hip-Hop-online-686x437

Photo by R&S RECOREDS

 
イギリス・マンチェスター出身、サイケデリックなシンセサイザーにファンク調のベースラインでエレクトロなポップサウンドを鳴らすインディロックバンド。

13-14A/Wコレクションで3人のメンバーがモデルに起用された。

ファーストアルバム『GOOD DON'T SLEEP』をリリースしたが、現在は活動休止中。

 

EGYPTIAN HIP HOP - YORO DIALLO

 

 

SWIM DEEP (スイム・ディープ)

Swim Deep

 
イギリス・バーミンガム出身、2014年1月にデビューアルバムをリリース。

ドラムのザッカリー・ロビンソンが13-14A/Wのモデルに起用された。

バーミンガムの音楽シーンを牽引する彼らは日本でも高い人気を得ている。ライブチケットも即日完売。

 
SWIM DEEP - KING CITY

 
Swim Deep - She Changes the Weather

 

 

The Din (ザ・ディン)

The Din

Photo by thedin.co.uk

 
主にロンドンを活動の拠点とするロックバンド。

トランペットのジョニー・パウエルが2014S/Sのコレクションにジャケットを羽織ったロックスタイルで登場。

トランペットにバイオリン、チェロなどのアコースティックなサウンドをロックに落とし込み、独特のサウンドを鳴らしている。

 
The Din - The Question of Being

 

 

Drowners (ドラウナーズ)

Drowners

Photo by A Sound Reaction

 
イギリス出身のマシュー・ヒットがニューヨークで結成したバンド。

彼の故郷、ブリットポップのメロディーに、ニューヨークのインディーギターロックが重なるサウンドが魅力の『Drowners』。

マシュー・ヒットは2014S/Sコレクションにモデルとして起用されている。

 
Drowners - Luv, Hold Me Down

 
Drowners - A Button On Your Blouse

 

まとめ

このように若くてまだ無名なロックバンド、ミュージシャンに世に出るチャンスを与えて、モードブランドに特に興味のなかった層、世代にハイファッションを認知させた功績は偉大だと思います。

エディの音楽セレクトは自分好みなのもあり、今後のサンローランの展開から目が離せません。

-ファッション, 音楽
-

おすすめ記事一覧

1
UNDER COVER (アンダーカバー)2015 A/W 袖レザーダウンブルゾン

UNDER COVER 珠玉の名作アウター! UNDER COVER LEATH ...

2
NIKE SOCK DART(ナイキ ソックダート)が最高に履きやすい件

2016 NIKE SOCK DART(ナイキ ソックダート)をGET! 軽くて ...

3
NIKE AIR RIFT (ナイキ エア リフト)復刻!サイズ感など購入レポート

奇抜で個性的なデザインのスニーカーが復刻! サイズ感等購入レポート オリジナルは ...

4
Radiohead(レディオヘッド)のベストソング20曲 前篇

Radiohead(レディオヘッド)のおすすめ曲20選! 前篇 オリジナルアルバ ...

5
Radiohead(レディオヘッド)のベストソング20曲 後篇

Radiohead(レディオヘッド)のおすすめ曲20選! 後篇 オリジナルアルバ ...