everyMANblog

Fashion,Music,Bike,Movie,Interior,.....

*

ヘアサロン(美容室)でメンズヘアを失敗しない為のポイント

2016/07/22

ヘアサロン(美容室)でなぜ失敗するのか?

たまには美容師らしく髪の毛のお話でも・・・。

medium_74680658

皆さん、ヘアサロン(美容室)で髪を切って『失敗したなー。』という経験、ありますか?

今回は美容室で失敗しないためのポイントを美容師目線でお伝えできたらなーと思っております。

photo credit: Elvert Barnes via photopin cc

 

まずはサロン選びから

メンズスタイルが得意なサロン、スタイリストを探そう!

まずは最初のポイント、かつ最も大事なところのサロン選びスタイリスト選びからスタートしましょう。

ここで大事なのが『メンズスタイルが得意』なサロン、スタイリストをみつけること!

なぜ、メンズスタイルが得意なスタイリストをさがすのか?

というのも、長年経験を積んだスタイリストでも、意外と『メンズスタイルが苦手』なスタイリストがいます。

なぜ、メンズスタイルが苦手になるのか?

いわゆる平均的な美容室は女性客が80〜90%を占め、サロンによっては98%くらい女性客というところもあります。逆に男性客が多いサロンも稀にあり、自分が育ったサロンは男性客が約40%(!)と珍しいサロンでした。

んで、男性客が少ないサロンで育ったスタイリストは必然的にメンズスタイルを施術する機会が少なく、経験値が少ないため『メンズスタイルが苦手』ということになります。

女性のヘアスタイルとメンズスタイルはやはり明確に違います。美容室なので、女性のヘアスタイルは自然と数をこなして経験値が上がり技術が向上していきますが、メンズ客が少ないサロンではそもそも経験できないんです。

当然なんですが、お客様によって骨格顔の形髪の毛の量や質も違うので、たくさんの男性客を担当してきたスタイリストと、そうでないスタイリストでは対応力が圧倒的に違います!

メンズのショートスタイルなんかは頭の形、髪の生えぐせや毛流の影響を受けやすく、それが人によって様々なので、数をこなしていないと上手く対応できなかったりします。メンズ客なら当然薄毛の方もいますし…。

 

メンズスタイルが得意なスタイリストの探し方

HOT PEPPER Beauty (ホットペッパービューティー)で探そう!

medium_8516966771
photo credit: Norisa1 via photopin cc

んで、そのメンズが得意なスタイリストの探し方なんですが、やはりここはホットペッパービューティーで探すのが最も簡単ですね。

おそらくほとんどの美容室がホットペッパービューティーに掲載していると思います。もう有名ヘアサロンもホットペッパービューティーを無視できないほど集客に大きな影響力をもつようになりました。

まあ一番確実なのは、かっこいいヘアスタイルの友達が通っているサロン、スタイリストさんを紹介してもらうことだと思いますが(笑)。

そんなツテがないときは、掲載量、情報量共に豊富なホットペッパービューティーを利用しましょう!

使い方も簡単、まず最寄りのエリアを選択し、メンズにオススメのサロンをクリック。あとは細かなエリアや料金、こだわり条件で絞り込めばOK!

そうするとサロンの数が絞られるので、その中のサロンからメンズが得意なスタイリストをみつけましょう。スタイル写真もアップしているのでそれも参考にしましょう。

 

自分のイメージをカウンセリング時に明確に伝えよう

Makeshift Barbershops Open in Camp for Displaceed Haitians
photo credit: United Nations Photo via photopin cc

メンズスタイルが得意なスタイリストを見つけて予約、サロンに来店したらまずはカウンセリングです。

このカウンセリングが最も大事で、この時点でどんなヘアスタイルになるのか、90%くらい決まります!

なのでカウンセリングの時に、自分のなりたいヘアスタイルのイメージをしっかりとスタイリストに伝えることが重要です。

スタイリストとイメージを共有する

どんなに上手なスタイリストでも、お客様とスタイルのイメージを共有できていないとうまくいきません。

1番てっとりばやいのは、ヘアカタログの切り抜きを見せたり、スマホの画像で見せたりすることですね。

写真で見るとイメージが共有しやすいので失敗することが少なくなりますし、言葉では伝えにくい部分も伝わりやすくなります。

写真や画像でイメージを伝える時に大事なのが、そのスタイルのどこが気に入っているのか?というところ。

髪質や毛量、クセの有無でお客様の希望のスタイルを完全に再現できないこともあります。

さらに、スタイル写真を見たときに、そのヘアスタイルのポイントとなる部分がスタイリストとお客様で違っていたりすることもあります。

なのでヘアカタログや画像でイメージを伝える場合、そのヘアスタイルのどこが気に入っているのかをしっかりと伝えることが重要になります。

特にこれといったスタイルが見つからない時は、複数のスタイルを参考にして、前髪はこっちでトップの長さはこっちでとか、部分的に長さや質感を指定するのもありです。むしろそういうお客様が多い気はしますね。

なりたいイメージをしっかりと伝えたら、今度は『これは嫌だ』、というところも一緒に伝えましょう。

例えば、前髪が短いのは好きじゃないとか、耳は出したくないとか、短めにしたいけど刈り上げは嫌だ、とかですね、。

嫌だとはじめに伝えておけば、美容師は絶対にそうしません(笑)

画像、写真で前から写っているものしか持ってこられない方もいますが、できれば後ろからの写真もあると美容師的には嬉しいです(笑)。

画像、写真なしで失敗しない伝え方

口頭で伝えるときのポイント5つ

画像や写真なしでヘアスタイルのオーダーも全然大丈夫です。

メンズスタイルのオーダーで重要なポイントは

1.前髪の長さ(眉の下か上か、上げるか下ろすかなど)

2.耳まわりの長さ(隠れる長さか、耳をだすかなど)

3.えりあしの長さ(前からみて、みえるぐらいかみえないぐらいかなど)

4.毛量調整の有無(重め、軽めなど)

5.普段のスタイリング方法(WAXを使う、ドライヤーを使うなど)

この5つをカウンセリング時にしっかりと伝えましょう。

メンズスタイルが得意なスタイリストであれば、あとはいい感じにやってくれるはず!

 

まとめ

気を付けたいポイントをまとめると

1. メンズスタイルが得意なスタイリストをみつける。

2. カウンセリング時にイメージをしっかりと伝える。

3. 口頭で伝える際のポイントを押さえておく。

この3つをしっかり押さえておけば、美容室で大失敗!ということもなくなると思います。

そして良いスタイリストさんに担当してもらえたら次回からは指名しちゃいましょう!

 

-メンズヘア

おすすめ記事一覧

1
UNDER COVER (アンダーカバー)2015 A/W 袖レザーダウンブルゾン

UNDER COVER 珠玉の名作アウター! UNDER COVER LEATH ...

2
NIKE SOCK DART(ナイキ ソックダート)が最高に履きやすい件

2016 NIKE SOCK DART(ナイキ ソックダート)をGET! 軽くて ...

3
NIKE AIR RIFT (ナイキ エア リフト)復刻!サイズ感など購入レポート

奇抜で個性的なデザインのスニーカーが復刻! サイズ感等購入レポート オリジナルは ...

4
Radiohead(レディオヘッド)のベストソング20曲 前篇

Radiohead(レディオヘッド)のおすすめ曲20選! 前篇 オリジナルアルバ ...

5
Radiohead(レディオヘッド)のベストソング20曲 後篇

Radiohead(レディオヘッド)のおすすめ曲20選! 後篇 オリジナルアルバ ...